PERILAKU NEKO (猫) DALAM CERPEN “NEKO NO NAMIDA (ネコのなみだ) KARYA ISHIZUKA YŪTO (石塚雄人)” DARI SUDUT PANDANG TRIKOTOMI TANDA KEDUA PIERCE

ARES ARUMANINGSIH

Abstract


Penelitian ini dilatarbelakangi oleh keinginan peneliti agar diketahui adanya tanda ikon, indeks, serta simbol dalam kelima cerpen pada buku “Neko no Namida (ネコのなみだ) karya Ishizuka Yūto (石塚雄人)”. Teori yang digunakan adalah teori perilaku yang difokuskan pada neko dan teori trikotomi tanda kedua Peirce yaitu ikon, indeks, serta simbol. Sedangkan rumusan masalahnya adalah trikotomi tanda kedua Pierce terhadap perilaku neko dalam kelima cerpen “Neko no Namida (ネコのなみだ) karya Ishizuka Yūto (石塚雄人)”. Penelitian ini bertujuan untuk mendeskripsikan trikotomi tanda kedua Pierce terhadap perilaku neko yang terdiri dari subklasifikasi ikon, indeks, serta simbol. Metode yang digunakan adalah metode penelitian deskriptif kualitatif. Sumber data berupa buku “Neko no Namida (ネコのなみだ) karya Ishizuka Yūto (石塚雄人)”. Data berupa kalimat yang merujuk pada perilaku neko berjumlah 48 data dengan kriteria berikut: 


1. Teori Perilaku Kurt Lewin berupa ikon tipologis (hasil pencerminan objek) ditemukan berjumlah 3 data, ikon metafora (pencerminan yang tidak total) ditemukan berjumlah 6 data, indeks (hubungan sebab akibat) ditemukan berjumlah 11 data, simbol (hubungan kesepakatan) ditemukan berjumlah 9 data.


2. Teori Tindakan Beralasan berupa indeks (hubungan sebab akibat) ditemukan berjumlah 10 data, simbol (hubungan kesepakatan) ditemukan berjumlah 3 data.


3. Teori Perilaku Terencana berupa indeks (hubungan sebab akibat) ditemukan berjumlah 6 data.


 


Kata kunci: Semiotik, Trikotomi kedua Pierce, Ikon, Indeks, Simbol, perilaku neko, Neko No Namida


    (ネコのなみだ) karya Ishizuka Yūto (石塚雄人).


 


要旨 


 


この研究は文学作品、特にアイコンと、インデクスと、記号の研究である。本研究では 石塚雄人 の『ネコのなみだ』という本が使われた。二の三項モデルが理論となった。研究にある課題は石塚雄人 の『ネコのなみだ』にあるアイコンと、インデクスと、記号である。そこで、本研究では 石塚雄人 の『ネコのなみだ』の中にあるアイコンと、インデクスと、記号を説明することを目的とする。この研究は記述的、質的な研究である。


石塚雄人 の『ネコのなみだ』から引用したアイコンと、インデクスと、記号を表すデータがこの研究のデータとなった。この研究ではアイコンと、インデクスと、記号に関するデータを探し、その記号を説明する。石塚雄人 の『ネコのなみだ』にあるアイコンと、インデクスと、記号は四八データが以下の通りである。



  1. Kurt Lewinの態度の理論は Tipologis のアイコンはである。データは三つある。Metafora のアイコンも


である。データは六つある。インデクスもである。データは十一ある。記号もである。データは九つある。



  1. Beralasan の態度の理論はインデクスである。データは十つある。記号もである。データは三つある。


Terencana の態度の理論はインデクスである。データは六つある。


 


キーワード: 記号論、二の三項モデル、アイコン、インデクス、記号、態度、石塚雄人 の


『ネコのなみだ』


Full Text: DOC

Refbacks

  • There are currently no refbacks.