ANALISIS MAKNA KONTEKSTUAL SINONIM (RUIGIGO) VERBA NEGAU DAN NOZOMU DALAM YAHOO! BLOG

Vania Rahma Labibah

Abstract


Abstract

Semantics is a branch of linguistics that studies meaning. One of the studies of meaning in semantic is
contextual meaning. Semantic discusses the meaning that contained in language from the smallest arrangement of
language units, as words. Words that have the same meaning as other words are called synonyms. In Japanese, there
are many words that have the same meaning, such as the negau verb and the nozomu verb. Those verbs have the
same meaning in the dictionary. The use of synonymous verbs that are appropriate to the context is a problem for
foreign learners. The purpose of this research is to describe the meaning of the negau verb and the nozomu verb
and to describe the similarities and differences of the negau verb and the nozomu verb in terms of contextual
meaning. This research is using descriptive qualitative method. The data in this research is Japanese sentences which
contain the negau verb and the nozomu verb. The data source of this research is taken from Yahoo! Blog. The
analysis results of 51 data in the form of the negau verb and the nozomu verb found that the negau verb has three
meanings, as pray; hope with nuances of meaning "pray"; and hope with nuances of meaning "strong desire for
something". While, the nozomu verb has two meanings, as hope and see from afar. The similarity between the negau
and nozomu verb is the context of purpose. The difference between negau verb and nozomu verb is that if the focus
of speech is a location or object, then the nozomu verb can be used only.
Keyword: contextual meaning, synonyms, negau verb, nozomu verb.
要旨

意味論は意味を研究するという言語学の分野である。意味論における意味の研究の一つは文
脈的の意味である。意味論では、言語単位の最小の配置の両方から、言語に含まれる意味を単語とし
て説明する。他の単語と同じ意味を持つ単語は類義語という。日本語には、同じ意味の単語がたくさ
んある。例えば、願うおよび望むという動詞である。その動詞が辞書で同じ意味を持つ。外国人の学
習者にとっては文脈に適した類義語の使用が問題になる。この本研究の目的は、願うおよび望むとい
う動詞の意味を説明し、文脈的意味の観点から願うおよび望むという動詞の類似点と相違点を説明す
ることである。この本研究は記述的な定性的の方法を使用している。 この研究のデータは願うおよ
び望むという動詞を含む日本語の文である。このデータの調査は Yahoo! ブログから取得されてい
る。研究の結果は、願うおよび望むという動詞によって、51データが発見されている。願うという
動詞は意味が3つ持つ。その3つの意味は「祈る」、「祈るという意味のニュアンスで希望する」、
および「何か強い欲望を持つという意味のニュアンスで希望する」という意味である。その一方で、
望むという動詞は意味が2つ持つ。その2つの意味は「希望する」、および「遠くから見る」という
意味である。その類似性は目的の文脈である。 一方で、願うおよび望むという動詞の違いは、発話
の焦点が場所および名詞の場合、「望む」しか使用しない。
キーワード: 文脈的意味、類義語、願う、望む.

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.