KATA UMPATAN 罵り言葉 DALAM DRAMA HOT GIMMICK: GIRL MEETS BOY KARYA 相原実貴

Ahmad Anggit Nur Masayih

Abstract


Abstract

Vulgar language is a form of social variation. Vulgar language is used by people of lower class or low
education regardless of the form of my language, for example swearing. Swear words are verbal behavior that uses
harsh words, bad words, and curses to refer to the negative side of the target or the other person. The swear word has
several classifications of swearing, namely conditions, animals, objects, body parts, kinship, activity, profession, and
ghost. The tendency for people to swear is to vent emotions, seek attention, drop authority, provoke, and show close
relationships. This research was conducted based on the increasing number of people using swearing without
understanding the meaning and usage of the swear word. The purpose of this study is an insight to be more careful not
to use swear words when communicating with Japanese people. This study explains the classification of swear words
and the use of swear words which are analyzed using a sociopragmatic study in the form of context. The meaning of
context based on lexemes or words is called contextual meaning, contextual meaning refers to a lexeme or word that is
contained in a particular context. In this study using descriptive-qualitative methods, the data collection method used
the observation method and then analyzed based on Sugiono's theory (2009: 244). The data in this study were taken
from the film Hot Gimmick: Girl Meets Boy by Miki Aihara. Based on the analysis, it was obtained a number of data,
namely 72 swear words in 7 classifications, namely conditions there were 42 data, animals had 2 data, objects had 1
data, body parts had 6 data, kinship contained 2 data, activity contains 10 data, and profession there are 10 data and
there are no classifications that refer to ghost. Then, the use of swear words obtained 67 data.
Keywords: swear words, swear word classification, use of swear words, Hot Gimmick: Girl Meets Boy

要旨

下品な言葉は社会的変化の一形態です。下品な言葉は、私の言葉の形に関係なく、たとえば罵倒な
ど、下層階級や低学歴の人々によって使用されます。罵り言葉は、ターゲットまたは他の人の否定的な側面
を指すために、厳しい言葉、悪い言葉、および呪いを使用する言葉の振る舞いです。罵り言葉には、罵倒の
いくつかの分類、すなわち、状態、動物、物体、体の部分、親族、活動、職業、および幽霊があります。
人々が誓う傾向は、感情を発散し、注意を求め、権威を落とし、挑発し、密接な関係を示すことです。この
調査は、罵り言葉の意味と使用法を理解せずに、罵り言葉を使用する人の増加に基づいて実施されました。
この研究の目的は、日本人とコミュニケーションをとる際に冒とく的な言葉を使わないように注意すること
です。この研究では、罵り言葉の分類と、文脈の形で社会実践的研究を使用して分析される罵り言葉の使用
について説明します。語彙素または単語に基づく文脈の意味は文脈的意味と呼ばれ、文脈的意味は特定の文
脈に含まれる語彙素または単語を指します。記述的・定性的手法を用いた本研究では、データ収集手法は観
測手法を用い、Sugiono の理論(2009:244)に基づいて分析した。この研究のデータは、相原実貴の映画
「ホットギミックガールミーツボーイ」から取られたものです。分析に基づいて、7 つの分類で 72 の罵り
言葉、つまり条件が 42 のデータ、動物が 2 つのデータ、オブジェクトが 1 つのデータ、身体の部分が 6 つ
のデータ、親族が 2 つのデータ、活動を含む多くのデータが得られました。 10 個のデータが含まれていま
す。職業には 10 のデータがあり、ゴーストを参照する分類はありません。次に、罵り言葉を使用すると、
67 のデータが得られました。
キーワード:罵り言葉、罵り言葉の分類、罵り言葉の使用、ホットギミック:ガールミーツボーイ

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.