ANALISIS MAKNA YOJIJUKUGO 四字熟語 DALAM KOMIK KIMETSU NO YAIBA 鬼滅の刃 KARYA GOTOUGE KOYOHARU VOLUME 9-18

Ahmad Yusron Aulia

Abstract


Abstract

Kanji compound that consisting of four kanji also called yojijukugo (four-character compound
word). Yojijukugo is something that is able to explain explicitly about the ideas and good wishes expressed
by the speakers or authors. That is why, researcher take the initiative to paring yojijukugo that appear at
Kimetsu no Yaiba Comic, Gotouge Koyoharu opus at volume 9-18. This study puspose is consist by 2
point, which is: (1) researcher want to find out how is the shape of yojijukugo; and (2) researcher want to
find out how is the grammatical meaning of the yojijukugo that exist at Kimetsu no Yaiba Comic, Gotouge
Koyoharu opus at volume 9-18. Researcher is applying descriptive-qualitative method to this study. This
study using yojijukugo as a study data and using the dialogue of Kimetsu no Yaiba Comic, Gotouge
Koyoharu opus at volume 9-18 as a source study data. The method for collecting data progress, researcher
using observe method then continue using documentation method. This study result is, 98 yojijukugo data
had been founded and collected. Based on the structure, there is 3 yojijukugo data composed by 4 kanji
with same concept; 25 yojijukugo data composed by 2 jukugo that having the same meaning; 1 yojijukugo
data composed by 2 jukugo that having contemporary meaning; 48 yojijukugo data composed by 2 jukugo
which one of them is decorating another jukugo; 16 yojijukugo data composed by 2 jukugo which 1 jukugo
was functionally as situation/something that desirable and another jukugo is functionally as an action; and
5 yojijukugo data that 1 from the composed characters is functionally used as particle. Most of yojijukugo
contained meaning refer to condition and situation that make the yojijukugo appear.
Keywords: four-character compound word, Kimetsu no Yaiba, grammatical meaning

要旨

四字熟語とは漢字四字で熟語となったものだ。四字熟語は話し手 ・書き手の思想 ・意
志を端的に明示することができ、表現効果があるため、 日本語の文章や会話で用いられること
がおおい。そのために、研究者は吾峠呼世晴原作の第 9-18 巻の「鬼滅の刃」に表示された四
字熟語に関して研究している。この研究論文の目標は 2 つのポイントに分かれている。(一)
研究者は、吾峠呼世晴原作の第 9-18 巻の「鬼滅の刃」に表示された四字熟語はどのように構
成されているのか知りたいと考えている。そして、(二)研究者は、吾峠呼世晴原作の第 9-
18 巻の「鬼滅の刃」に表示された四字熟語はどのような文法上の意味を持っているのか知りた
いと考えている。研究者によって適用された方法は、定性的な記述法を利用している。この研
究は表した四字熟語をデータとして利用し、吾峠呼世晴原作の第 9-18 巻の「鬼滅の刃」の台
詞をデータの源として利用している。データ収集では、研究者は吾峠呼世晴原作の第 9-18 巻
の「鬼滅の刃」を慎重に読み、台詞に表示されていた四字熟語を記録している。研究の結果、
原作を読んで 98 データが発見された。その中から四字熟語の構成について見れば、3 データは
漢字四字がそれぞれの概念で構成された四字熟語で、25 データは二字ずつが類似の意味を持った熟語で構成された四字熟語で、1 データは上二字と下二字とが相反する語で構成された四字
熟語で、48 データは上二字が下二字を修飾し合って構成された四字熟語で、16 データは上二
字が主語 ・目的語 、下二字が動作・状態を示す語で構成された四字熟語で、5 データは助辞を
伴って句で構成された四字熟語が発見された。四字熟語に含まれる意味は四字熟語が出現する
条件や状況を指している。
キーワード:四字熟語、鬼滅の刃、文法上の意味

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.