ANALISIS MAKNA PERIBAHASA JEPANG (KOTOWAZA) YANG MENGANDUNG UNSUR HEWAN REPTIL DAN PEMAKNAANYA DALAM PERIBAHASA INDONESIA

Magoet Ratna Wahyuningtiyas

Abstract


Abstract

Language is something that is very important for humans, because language is a communication
tool and helps humans to convey or express the feelings they want to convey. The role of language also
influences the relationship between people and a nation. In addition, the expression of intent and purpose
through language sometimes provides certain aspects, for example, a figure of speech and other
disclosures. There are many things that can be learned from a language, one of which is a proverb.
Proverbs in Japanese are called kotowaza. Like Indonesian translation, kotowaza is also formed from
several elements, one of which is a living creature such as animals, plants, and others. Based on the
explanation above, the researcher will examine the Kotowaa which contain elements of Reptiles
especially to find out the meaning and their equivalent in Indonesian proverbs and see how the
characteristics of Reptiles are described in the Kotowaza. This research is a qualitative research using
descriptive analysis method. The theory used is semantic theory to understand the meaning of kotowaza
and its equivalent proverbs. In addition, the classification of animal names that contain elements of
Reptiles uses Gorys Keraf's basic vocabulary theory. Data sources used in this study include dictionary
of Japanese and Indonesian proverbs and the Kotowaza-allguide com website for Japanese proverbs with
dictionary of proverbs com for Indonesian proverbs. The results of this research are from 30 kotowaza
found only 3 kotowaza which have the equivalent of Indonesian people. Reptile animals in kotowaza are
more often said to be negative things such as fear of something or about trivial things that are fatal or big.
This shows that there are some Japanese and Indonesian views in common.
Keywords: Meaning Analysis, Proverb Reptile Animal
要旨

感情を伝えたり、表現したりするのに役立つため、言語は人間にとって非常に重要なコ
ミュニケーションツールである。言語の役割は人々と国々の関係にも影響を及ぶ。さらに、言
語による意図と目的の表現は特定の側面を提供することがある。たとえば修辞やその他の開示
など、言語から学べることが多くあり、諺はその一つである。日本語の諺は「ことわざ」と呼
ばれている。インドネシア語の諺のように、ことわざもいくつかの要素から形成され、そのう
ちの 1 つは、動物や植物などの生物である。上記の説明に基づき、研究者は爬虫類の要素を含
むことわざを調べ、インドネシアのことわざにおける意味とそれに相当するものを見つけ、こ
とわざで爬虫類の特徴がどのように記述されているかを確認する。本研究は、記述的分析手法
を用いた定性的研究だ。使用されている理論はことわざとそれに相当することわざの意味を理
解するための意味論である。さらに、爬虫類の要素を含む動物の名前の分類には Gorys Keraf
の基本的な語彙理論が使用されている。調査で使用したデータソースは日本語とインドネシア
のことわざ辞書、そして日本語ことわざ用 Kotowaza-allguide.com とインドネシアことわざ用
kamusperibahasa.com が使用されている。本研究の結果、爬虫類関連の 30 件の諺のうち、イン
ドネシア語の諺と相当する意味を持っていることわざは 3 件しかない。ことわざの中の爬虫類
の動物は何かに対する恐怖や、致命的なものなどのネガティブな意味を持っている。日本とイ
ンドネシアの見解にいくつかの共通があることを示している。
キーワード:意味分析、ことわざ、爬虫類

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.