PENGEMBANGAN MEDIA LAGU DALAM PENGUASAAN KOSAKATA いー形容詞 と なー形容詞 (KATA SIFAT I-KEIYOUSHI DAN NA-KEIYOUSHI) PADA KELAS X MIPA 4 SMA NEGERI 1 MOJOKERTO TAHUN AJARAN 2019/2020

Linda Amelia Setyorini

Abstract


Abstract

This research develop a Keiyoushi song media (adjectives) which is used as a supporting medium to learn Japanese.
Japanese language learning in the tenth grade at SMAN 1 Mojokerto has criteria that are following the applicable
curriculum at the school. The purpose of this study is to find out the feasibility of song media and to know the response
of students to keiyoushi song media (adjectives). This research is based on the results of pre-research in the form of
questionnaires, obtained some problems of students in grade X MIPA 4 SMAN 1 Mojokerto, namely Japanese language
learning using unattractive teaching methods and the insufficiency of supporting media in learning to teach Japanese at
SMAN 1 Mojokerto.The method used in this development research is Shelton’s ADDIE method. Trial of Keiyoushi
song media (adjective) was tested to 28 students of grade X MIPA 4 SMAN 1 Mojokerto. The results of this research
are the feasibility of song media and students' responses to song media. The results showed that the value achieved from
the media expert validation questionnaire was 85%, then the value achieved from the material expert validation
questionnaire was 92%, and the overall student response to the media was 85%.
Keywords: Development, Song’s Media, Keiyoushi
要旨

本研究は、日本語を学ぶための補助媒体として用いられる形容詞の曲のメディアの開発に関する研究である。
SMAN 1 Mojokerto で十年生の日本語学習は、学校で適用されるカリキュラムに従っている基準を持っている。
本研究の目的は、曲のメディアの実現可能性を見出し、曲のメディア(形容詞)に対する学生の反応を知る
ことである。本研究は、アンケート形式の事前研究の結果に基づいており、X MIPA 4 SMAN 1 Mojokerto の
日本語学習でいくつかの問題があり、すなわち魅力のない教授法を用いた日本語学習、SMAN 1 Mojokerto で
日本語を教えるための支援メディアの不足などである。この開発研究で用いられる方法はSheltonの
ADDIE法である。曲のメディアの試みとしては、SMAN 1 Mojokerto の X MIPA 4 クラスの28人の学
生にこのメディアを使用させ、従ってアンケートを記入してもらった。この開発研究の結果は、メディアの
実現可能性とメディアに対する学生の反応である。その結果、メディアエキスパートバリデーションアンケ
ートから達成された値は 85%であり、このメディアの教材の範囲に対する、エキスパートバリデーションア
ンケートから達成された値は 92%であり、そして、メディアに対する全体的な学生の反応は 85%である。
キーワード:開発、曲のメディア、形容詞

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.