PERSEPSI PEMBELAJARAN BAHASA JEPANG TERHADAP PENGGUNAAN MEDIA KARTU (FLASH CARD) UNTUK MENINGKATKAN KEMAMPUAN MEMBACA HURUF HIRAGANA

Nadifah Meika Aryanti

Abstract


Abstract

This research article is a study that discusses the description of the application learning of flash cards media
to improve the ability to read hiragana letters. The method applied by researcher, namely using qualitative
descriptive methods. In taking the sample, the researcher used the Google Form application, which in the
end obtained 20 respondents randomly. In data collections, researchers used participant observation
techniques on poll results and used open questionnaires for student responses. Data collection is carried out
online on the Google Form application, which links are distributed via the Twitter and Line application.
The purpose of this study is to provide an overview of perceptions in improving the ability to read hiragana
letters using flash cards media for senior high school or vocational high school students in the 2019/2020
school year, as well as being able to create a more enjoyable and effective learning situation.
The background of this research is based on the experience of researchers while teaching in PLP (the school
field recognition program) at one of the senior high schools in Kediri, where researcher also often find
students who seem to have difficulty reading and distinguishing hiragana letters. So that the researcher took
the initiative to expect perceptions of the use of learning flash cards media to make it easier for students to
read hiragana letters.
The result of the research of this article are to explain learning the usage of flash card media to read hiragana
letters which very helpful and fun for students in improving the ability to read hiragana letters, as well as
helping students become motivated to learn Japanese in class with a new learning situation.
Student responses to perceptions of Japanese learning on the usage of flash cards media in improving the
ability to read hiragana letters received a positive response. This can be seen from the results of the learning
questionnaire filled out by senior high school or vocational high school students. Where the students feeling
happy with read hiragana letters learning model the using of flash cards media.
Keywords: Learning flash cards media, read hiragana letters, application and response

要旨

この研究記事は、ひらがなの文字を読む能力を向上させるためにフラッシュカード メディアで
学習するアプリケーション説明を議論する研究だ。研究者によって適用された方法、すなわち
定性的記述方法を使用される。この サンプルを採取する際に、研究者は Google フォームで使
用した。これより、20 人の回答者がランダムに取得された。データ収集では、研究者は投票結
果に参与観察技術を使用し、学生の回答にオープンアンケートで使用した。 データ収集は、オ
ンライン Google フォームアプリケーションで実行された。このアプリケーションのリンクは、
Twitter と Line アプリケーションを介して配布された。
この研究の目的は、2019/2020 学年度の専門高校生のために、フラッシュカードメディアを使
用してひらがなのカードを読む能力を向上させた際の認識の概要を提供することだ。そして、
楽しく効果的な学習状況を作り出すことができるようになった。

この研究の背景は、ケディリの公立高校の 1 に PLP(学校フィールド認識プログラム)で教え
ていた研究者の経験に基づいていた。そこで、研究者はひらがなの文字を読んだり区別したり
するのが難しいと思われる学生を見つけることもよくあった。そのため、研究者は、学生がひ
らがなの文字を読みやすくするために、学習用フラッシュカードメディアで使用の認識を期待
するために率先して取り組みた。
この記事の研究の結果は、ひらがなの文字を読む能力を向上させるだけでなく、生徒がクラス
で日本語を学ぶ意欲を高めるのに非常に役立ち、新しく楽しくひらがなの文字を読むためのフ
ラッシュカードメディアの学習で使用を説明することだ。
ひらがなの文字を読む能力を向上させるためのフラッシュカードメディアの学習の応用に関す
る日本語学習の認識に対する学生の反応は、肯定的な反応を受け取りした。これは、高校生や
専門高校生が記入した学習アンケートの結果から発見された。フラッシュカードメディアを使
ったひらがなの文字読み学習モデルで生徒たちに楽しく学習をしていると思う。
キーワード:フラッシュカードメディアの学習、ひらがなの手紙の読み方、応用と反応


Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.