PENGEMBANGAN MEDIA APLIKASI "KUMA JISHO" UNTUK PEMBELAJAR BAHASA JEPANG DENGAN METODE ADDIE

Dzulfiqar Fachri Al Ayyubi

Abstract


Abstract

Media is one way to get information. According to Pratita (2017: 32), diminished motivation to learn Japanese
includes readability of kanji, new vocabulary that is difficult to understand, grammatical elements, lack of overall
understanding of reading content, and learning models used by teachers. lt is caused by several factors such as. You can
motivate yourself to learn Japanese using the media. Digital media is a medium for learning. Therefore, the surveyed this
time user interface / user experience is a Japanese-lndonesian sentence pattern dictionary aimed at determining the
feasibility of media and the reaction of users to media.
User lnterface / User Experience The Japanese-lndonesian sentence pattern dictionary for Japanese learners
usesof model development methods analysis , design , development , implementation , and ADDlE evaluation and
abbreviations. This study uses qualitative and quantitative data. To obtain qualitative and quantitative data results,
researchers used validation sheets and questionnaires distributed through the media Google Form.
The final result of this survey is that the user interface / user experience Japanese-lndonesian sentence pattern
dictionary for Japanese learners is evaluated by media verifiers at a rate of 77.8% and can be regarded as valuable as
media. By getting a score of 475 at a rate of 79.2%, we also got a positive response from media users, which can be
classified as a good response. With these results, this media can be used as a learning medium.
Keywords: Media development, User interface, User Experience, sentence patterns

Abstract

メディアは情報を入手する 1 つの方法です。 Pratita(2017:32)によると、日本語を学ぶ意欲の低
下は、漢字の読みやすさ、理解しにくい新しい語彙、文法的要素、読み内容の全体的な理解の欠如、教師が
使用する学習モデルなど、いくつかの要因によって引き起こされます。メディアを使って日本語を学ぶ意欲
を高めることができます。デジタルメディアは学習のための媒体です。したがって、今回の調査た ユーザー
インターフェイス/ユーザーエクスペリエンス では、メディアの実現可能性とメディアに対するユーザーの
反応を判断することを目的とし日インドネシア文パターン辞書。
ユーザーインターフェイス/ユーザーエクスペリエンス 日本人学習者向けの日インドネシア文パター
ン辞書は、モデル開発方法の 分析 、 設計 、 開発 、 実装 、および 評価 ADDlE と省略できるを使用しま
す。 。この研究では、定性的データと定量的データを使用します。定性的および定量的なデータ結果を取得
するために、研究者はメディアを通じて配布された検証シートと質問票を使用しました グーグルフォーム。
この調査の最終結果は、の ユーザーインターフェイス/ユーザーエクスペリエンス 日本人学習者向
け日インドネシア文パターン辞書が 77.8%の割合でメディア検証者から評価を受け、メディアとして価値が
あると見なすことができることです。 79.2%の割合で 475 のスコアを取得することにより、メディアユーザ
ーからも肯定的な反応を得ており、それは良い反応として分類できます。これらの結果により、このメディ
アは学習メディアとして使用できます。
キーワード:メディア開発、 ユーザーインターフェース、ユーザーエクスペリエンス、文型

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.