KESALAHAN BENTUK PENULISAN HURUF HIRAGANA DALAM PEMBELAJARAN BAHASA JEPANG PADA SISWA KELAS XI IPS DI SMA MUHAMMADIYAH 4 SURABAYA

Ajeng Sari Wahidiyah Putri

Abstract


Abstract

There bound to be an error in every written reports. This study is focused towards the subject of
writing skill, to be exact skill in writing Hiragana. The specimen of this study, 11th Grader of SMA
Muhammadiyah 4 Surabaya oftenshows error in using Hiragana. Learning a new types of alphabets, in
this case Hiragana can be achieved by writing the said subjects numerous times.
This study aimed to identify the types of errors, the factors causing the errors and to recommend
some solutions to reduce the errors. The methods employed in this study are qualitative approaches with
descriptive analysis and triangulation. As mentioned before, the specimen of this study are 11th Grader
of SMA Muhammadiyah 4 Surabaya, which consist of 29 students. Various research instrument has
been used such as academic test, questionnaire, observation and personal interview. Two of which used
to gather data, which is written academic test and questionnaire.
From the data shown, the students had just learns Japanese Subject in the Highschool, therefore

times needed to learns is still not much, hereby the difficulties. The book used by the students is Kira-
Kira Nihongo. The questionnaire found that more than half of the student admits the difficulty of

remembering the strokes order of a character, while personal interview made it clears as to why the
students feel so.
Keywords: error analysis, hiragana writing difficulties, Hiragana alphabet

要旨

作文では間違いがあることは普通で、もはや必然なことです。そのため、この研究では
ひらがなを書くスキルについて、説明しようと考えるられる。研究の対象者、SMA
Muhammadiyah 4 Surabaya、11 年生の生徒たちは、様々な間違いがよく起こりました。ひらが
なを学ぶことの際にはひらがな書くことができるだように、繰り返し練習することができる。
本研究の狙いはひらがなを書く際のエラーとその原因を探し、SMA Muhammadiyah 4
Surabaya の生徒たちにエラーを避けるための策を進められる。使用された研究デザインは記
述と定性的を合わせた研究、さらに正確なデータを計算するため三角点も使用される。再び
本研究のデータ研究の対処者は SMA Muhammadiyah 4 Surabaya の 11 年生の生徒たちの数が
29 人である。そして小テスト、アンケート、インタビューと研究観察、様々な研究研究の道
具を使用されます。それで、データ収集のためポストテストのアンケートを出してされる。
アンケートの結果によると、半分(50%)以上の生徒たちは、ひらがなの最大の難し店
はその書き順を覚えを S(賛成)を選べる。それに含めてさらに、テスト前のインタビューを
得た答えで、生徒達はほとんど高校生の時に日本語を学んだばかりである。つまり、勉強時
間や練習の回数が足りなかったの原因で、今の状態になれる。あと、使用された教科書は
「キラキラ日本語」である。
キーワード:エラ―分析、ひらがな書きにくい、ひらがな

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.