Pengembangan Media Lift the Flap pada Penyampaian Cerita Tanabata (七夕) dalam Pengajaran Bahasa dan Budaya Jepang

Fadzlah Wuryanti Prematiani

Abstract


Abstrak

In preparing the younger generation for the globalization era, learning a foreign language,
especially Japanese, is a necessity. However, learning Japanese at school is tedious and students lack
interest in Japanese. Knowledge of Japanese culture is given in schools so that students feel close to Japan,
thereby increasing motivation to learn Japanese. Learnig media are made to increase student motivation
and can be used as a source of teaching materials. The development of lift the flap media uses the theme
of folklore entitled Tanabata. Lift the flap is a mechanical technique on paper that predates pop-ups.
This study aims to develop learning media that can assist students in learning Japanese language
and culture, so as to increase student motivation in learning Japanese. Folklore is a culture that has been
passed down from generation to generation and can become the identity of a nation. The Tanabata story
was chosen because this story is very well known and even used as a celebration in Japan.
The research and development process is carried out in several stages, namely potentials and
problems, data collection, media design, design validation, design revision, media validation, and media
revision. Media validation is divided into two, content validation and media construction validation. The
results of the validation of media content get a value of 92%, while the results of media validation by
experts get a value of 85%. From the results of this assessment, it can be said that the lift the flap media
developed is very feasible to be used in introducing Tanabata (七夕) folklore.
Keywords: Development, R&D, lift the flap, folklore
要旨

外国語、特に日本語を学ぶことは若者たちがグローバリゼーション時代に直面準備として必要
である。しかし、日本語を学ぶことは退屈と考えられているため、学生は日本語を学ぶことに
興味がないである。日本語を学ぶ意欲を高めるために、日本の文化知識が与えられ、学生は日
本に親しみを感じることができる。したがって、学習メディアは学生のモチベーションを高め
るために必要であり、教材のソースとして使用できる。「lift the flap」というメディアはポッ
プアップよりも前の紙の機械的手法である。本研究の「lift the flap」の開発したのは七夕とい
う民話を使用している。
本研究の目的は学生の日本語と文化の学習を支援し、学生の日本語学習意欲を高めることがで
きる学習メディアを開発することである。おとぎ話は世代から世代へと受け継がれ、国家の招
待になれる文化であるため、民話があたえられる。七夕が選択されたのは非常によく知られて
おり、日本でのお祝いとして使われているからである。
開発研究プロセスはいくつかの段階で実行される。つまり、可能性と問題、データ収集、メデ
ィアデザイン、設計検証、設計改訂、メディア検証とメディア改訂である。メディア検証はコ
ンテンツ検証とメディア構築検証の二つに分割される。メディアコンテンツ検証の結果は 92%
の値を取得し、専門家によるメディア検証の結果は 85%の値を取得する。評価の結果から開発
された「lift the flap」メディアは七夕民話の紹介に非常に適しているといえる。
キーワード: 開発、R&D、フラップを持ち上げる、文芸、昔話

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.