ANALISIS KANYOUKU DALAM BAHASA JEPANG YANG MENGGUNAKAN KATA SHIRI (尻)

Dwi Putra Setiawan

Abstract


Abstract

Idioms in Japanese are known as Kanyouku. We can find idioms in daily Japanese conversation both at home,
school, especially in the field of language and literature as well as the general japanese public. In this study, researchers
were very interested to discuss about the meaning of shiri in a sentence. Because A sentence sometimes has a different
meaning than its true meaning. The purpose of this research is to find out the lexical meaning and idiomatic meaning that
exists in each Kanyouku, then classify the meaning based on 5 aspects according to Inoue theory, and identify kanyouku
using 3 majas according to Sutedi namely; metaphor, metonimi, and sinekdoke.
This research uses descriptive qualitative method. Which is the technique used in this research is Mahsun's
scrutinized and note technique. While data analysis techniques using agih method. The source of research data is the
online journal Nihongo no Shintai Kanyouku Ichiran. (33-85) by Oki Hiroko in 2004. Basicly, Researchers refer to the
source to find out the idiomatical meaning of kanyouku shiri. While the source of sentence data is taken from the book
「大きな字のことばの結びつき辞典」,「Idiom bahasa Jepang memakai nama-nama bagian tubuh」and various
japanese-made online sites such as https://ejje.weblio.jp/, https://proverb-encyclopedia.com/, https://imidas.jp/,
https://kotobank.jp/.
In this study took 5 data representing the classification of its meaning, as well as linking lexical meaning and
idiomatical meaning based on metaphorical majas, metonimi, and sinekdoke. The results showed that: (1) idioms
generally have only 1 idiomatical meaning, one example is shiri ni tsuku which has the idiomatical meaning of ‘followers’.
but it turns out that the idiom shiri ga karui has 3 different idiomatical meanings. First, the character of ‘a person who is
quick’ with a positive impression, the second the character of ‘cheating woman’ with a negative impression, and lastly
‘careless person’ with a negative impression. (2) there is no majas sinekdoke found in the five data, but rather the use of
metaphorical majas and metonimi only.
Keywords: Semantics, Kanyouku, Shiri

要旨

イディオムは日本語に慣用句と知られています。日常の日本語会話では、家庭、学校、特に言語・文学
の分野、そして一般の日本人の両方で慣用句を見つけられます。この研究で、研究者は、文の中で尻の意味
について議論するために非常に興味を持っていました。なぜなら、文は本当の意味とは異なる意味を持つこ
ともあるからです。本研究の目的は、それぞれの慣用句に存在する語彙的意味と慣用的な意味を見つけて、
その後、井上理論に従って 5 つの側面に基づいて意味を分類して、そして、Sutedi すなわち比喩、メトニミ、
シネクドケに従って 3 マジャを使用して慣用句を識別します。
本研究では、記述的な定性法を使用しています。この研究で使用される手法は、Mahsun の精査とノー
ト手法です。一方、データ分析手法は Agih 手法を使用しました。研究データ出典は、オンラインジャーナ
ル「日本語の身体慣用句一覧」33-85オキ.ヒロコ(2004年)。基本的に研究者は、そのソースから慣用的な尻
の意味を見つけます。そしてまた文データのソースは本から「大きな字のことばの結びつき辞典」, 「Idiom
bahasa Jepang memakai nama-nama bagian tubuh」まで取り出されて、様々な日本製のオンラインサイト取りま
す、例え https://ejje.weblio.jp/, https://proverb-encyclopedia.com/, https://imidas.jp/, https://kotobank.jp
本研究では、その意味の分類を表す 5 つのデータを取り、比喩的なマジャ、メトニミ、シネクドケに基
づいて語彙的意味と慣用的意味を結びつける。その結果は、(1)イディオムは一般的に 1 つの慣用的意味しか
持っていない、一つの例は「尻に付く」慣用的な意味は「フォロワー」持っていることです。しかし、イデ
ィオムの「尻が軽い」には 3 つの異なる慣用的意味があることが判明した。第一に積極的な印象を持った素
早い人の性格、第二に、消極的な印象を持った浮気な女の性格、そして最後に消極的な印象を持った粗忽者の性格です。(2)5 つのデータにはマジャス・シネクドケは無かったが、比喩的なマジャとメトニミを使用されます。
キーワード: 意味論、慣用句、尻

Refbacks

  • There are currently no refbacks.