MAKNA SHUUJOSHI RAGAM BAHASA PRIA DAN WANITA DALAM FILM TENKI NO KO KARYA MAKOTO SHINKAI : KAJIAN SOSIOLINGUISTIK

Inggar Dwi Nanda

Abstract


Abstract

In Japanese, there are varieties of language categorized by gender. The variety of the male language
(danseigo) and the female language (joseigo) can be identified from the shuujoshi or the final particle of
the sentence used. The researcher used descriptive qualitative method in conducting this study. The data of
this study were obtained from the main male and female characters in the film Tenki no Ko by Makoto
Shinkai (released in 2019). This study results in the use of shuujoshi danseigo, those are: shuujoshi ね 2
data, shuujoshi よ 16 data, shuujoshi かな 2 data, shuujoshi な 6 data, shuujoshi さ 4 data, shuujoshi って
ば 2 data, shuujoshi ぜ 1 data, shuujoshi に 1 data, shuujoshi の 2 data. while the use of shuujoshi joseigo
which are : shuujoshi もの 1 data, shuujoshi の 2 data, shuujoshi のよ 2 data, shuujoshi よね 2 data.
Keywords: language variety, shuujoshi, danseigo, joseigo

要旨

日本語には、男性語と女性語はっきり区別できる言語であると言われる。 言語における性差
は主にとして音声、形態、語彙の段階で見られる。特に最後にある部分の言語である。この研
究として、社会的要因に対して男性語と女性語の使用である。この研究は、定性的記述方法を
使用することである。この研究では使用されたデータソースは、2019 年の映画は「天気の子」新海 誠アニメーション監督による映画である。その結果は、男性語とは 終助詞 「ね」2つデータ、終助詞 「よ」16でデータ、終助詞「かな」2つデータ、終助詞「な」6つデータ、
終助詞「さ」4つデータ、終助詞「ってば」2データ、終助詞「ぜ」1データ、終助詞「に」
1データ、終助詞「の」2データ。女性語とは、終助詞「もの」1つデータ、終助詞「の」2
データ、終助詞「のよ」2データ、終助詞「よの」2データである。
キーワード:言語の多様性、 終助詞、男性語、女性語

Full Text:

PDF

Refbacks

  • There are currently no refbacks.